イル ビゾンテ(コンセプト) - イルビゾンテ財布とイルビゾンテバッグおっしゃー

イル ビゾンテのコンセプト

持つ人日常生活にあわせアメに濡れた日はバッグも濡れて。日に当たった日にはまたバックも日焼けを起こすといったような。その人と共に少しずつ進化していくものと言った感じがイル ビゾンテのコンセプトだと職人の職人である、ワニー・ディ・フィリッポさんが語っています。当然それだけの月日を共にしたら使用感が味となり自分になじんできて使い込めば使い込むほど味がでるといった感じでは無いでしょうか最近では新製品でもダメージ加工やウォッシュ加工など新製品の段階で手に入れられるものですが物のよさと言うのは瞬時に理解したりわかったりする事ではなく使い込んだり持ち歩いたりしていくうちに自然に現れてくるものなのだと感じさせられました。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。